ネットアイビーニュース

2013年4月23日
【福岡街かど風景231】移転問題で揺れる中央保育園

 

 福岡市中央区今泉1丁目で、移転予定である中央保育園の新築工事が予定されている。建築物の名称は「中央保育園新築工事」。構造はRC造一部鉄骨造の地上3階建。建築主は社会福祉法人 福岡市保育協会(中央区)。設計は風土計画一級建築士事務所(中央区)。

 中央保育園は福岡市の認可保育園で、耐震性に課題があることや待機児童の解消のため、併設されている中央児童会館の建て替えにともなって移転が決定された。移転計画は、現在地からほど近い立地で定員が倍の300人という内容だが、移転先の周辺道路状況や隣接する娯楽施設の排気の児童への悪影響など課題は多く、一部で反対を求める署名が集まるなど、疑問の声も挙がっている。建設業者の入札は4月30日に予定されている。

mati_hoikuen.jpg

【杉元 敦】


*記事へのご意見はこちら