ネットアイビーニュース

2016年9月30日
ゼネコン&マンションデベロッパー特別レポート2016発刊!

 

zenekonrepo.jpg (株)データ・マックスでは、福岡県県下ゼネコン67社、マンションデベロッパー32社、計99社のレポートを作成した。

 本レポートで基準とした16年3月期までの決算では、業績を伸ばしたゼネコンが多く、東北復興需要・アベノミクスによる公共工事の復調が追い風となり、建設需要は盛り上がりを見せている。マンション業界は、2012年より地価上昇が続き、建築コストの増加にもよる坪単価の上昇傾向が垣間見える状況が続くが福岡市の人口増加も影響し、売上を伸ばした会社も多い。

 しかし、裏では建設・マンション業界ともに深刻な人手不足に直面している問題がある。業績の維持、人手不足の解消をどのように戦略を打っていくのか。
 ゼネコン、マンションデベロッパーの各企業分析はもちろん、業界動向や、各種指標分析などを弊社独自の視点で書き下ろした。今回の企業データ集がゼネコン、マンションデベロッパーの生き残りの道しるべとなるとともに、自身の自己評価の手段、同業・周辺業者の与信管理、営業ツールとして活用されることを願う。

<総力特集記事>
・国交省平成29年度予算概算要求発表
・政府投資は横ばい 民間投資増加リフォーム・リニューアル投資は増加傾向続く
・業界の現状と課題
・不動産投資~2015年のキーワード
・公共工事の動向~2年連続で減少
・不動産販売指数 データから見る新築マンション
・土地評価額の推移 そこからみえたもの
・福岡市の人口・世帯数増加
・北九州レポート 3大プロジェクトスタート!人口減少止められるか?!

<企業別データ集>
Ⅰ.ゼネコン(67社)
Ⅱ.マンションデベロッパー(32社)
・Ⅰ評点ランキング
・Ⅱ売上高ランキング
・Ⅲ売上高伸び率ランキング
・Ⅳ粗利率ランキング
・Ⅴ純利益率ランキング
・Ⅵ金利負担、借入依存ランキング
・Ⅶ自己資本比率ランキング
・個別企業データ

<巻末付録>
ゼネコン67社財務一覧表
マンションデベロッパー32社財務一覧表

<価格>
4万3,200円(税込)

※お申込みはこちら>>


*記事へのご意見はこちら