ネットアイビーニュース

2016年9月29日
筑紫野市新庁舎、前田建設・九州建設・久米設計・匠建築JVが落札

 

 筑紫野市発注の「筑紫野市庁舎建設事業」は、9月23日に入札が行われた。その結果、前田建設・九州建設・久米設計・匠建築JVが、同事業を55億1,500万円で落札した。

 同事業は、筑紫野市庁舎本館の老朽化(建築後79年以上経過)に対応し実施されるもの。新庁舎は6階建。床面積は1、2階が各2,850m2、3階~5階が各2,200m2、6階が1,700m2の延床面積14,000m2。建設予定地は福岡県筑紫野市石崎1-209-1外の、九州森永乳業跡地。同跡地面積は18,336.31m2で、筑紫野市の取得価格総額は10億2万8,000円(54,538円/m2)。1階には市民生活部(証明書発行総合窓口等)、健康福祉部(児童手当、介護保健等手続き)、共用スペース(キッズスペース、売店、多目的ホールなど)が集約され、市民が足を運びやすいかたちとなる。工期は契約締結の翌日から、2018年11月30日までを予定する。

 なお、建設予定地の内、3,401.76m2は二日市東コミュニティーセンターとしての利用が計画されている。

【代 源太朗】


*記事へのご意見はこちら