ネットアイビーニュース

2016年9月 7日
コストコ、九大学研都市駅エリアに出店??

 

costco.jpg 「九大学研都市駅の近くにコストコが来るげなよ!」。鼻息荒く、そう話すのは、同駅周辺に住む女性だ。

 コストコは、1976年、カリフォルニア州サンディエゴの飛行機格納庫を改造してつくられた「プライスクラブ」という名前の倉庫店が起源。以降、順調に業績を伸ばし、現在では世界中に700を超える倉庫店(=ウエアハウス)を展開している。
 同店最大の特徴は、「特定のお客様だけ」が利用できる会員制店舗であるということ。同社HP上では、ビジネスメンバー(法人会員:年会費3,850円)とゴールドスターメンバー(個人会員:年会費4,400円)が紹介されている。いずれかの会員になることで、コストコでショッピングを楽しむことができるのだ。
 同社担当者にことの真相を尋ねてみたところ、「あいにく発表できる情報はございません。日本全国で出店地を探してはおりますので、色々なところで噂にはなっているようです」とのこと。

 火のないところに煙は立たないとも言う。もしかしたら本当に、九大学研都市駅周辺は候補地の1つなのかもしれない。冒頭ご紹介した女性も含め、地元民にとっては、ぜひとも来て欲しいところである。

【代 源太朗】


*記事へのご意見はこちら