ネットアイビーニュース

2016年9月26日
タカラスタンダード、福岡に物流拠点を増設へ

 

gaikan.jpg ホーローシステムキッチンなどの製造・販売を手がけるタカラスタンダード(株)(東証一部上場、本社:大阪市城東区、渡辺岳夫代表)は、福岡の物流拠点を増強する。同社担当者は「弊社鞍手工場の敷地内に工場を増設するかたちで、物流拠点を強化いたします」と話し、九州エリアで同社製品への需要が高まり続けていることがうかがえる。

 同社では、九州エリアでの売上が順調に拡大を続けていたことを受け、約3年前から物流拠点の強化を計画していたという。今回の物流拠点強化には、近年同社の事業のなかで大きなウエイトを占める、リフォーム事業における、トラックによる製品配送時間・順序などの効率化の向上という目的もある。高まり続ける需要への対応とサービス向上。同社はこの2つを満たすことで、目標として掲げる『完全自社倉庫対応化』の達成を目指すとしている。なお、同物流拠点は、年内着工、2017年5月頃の完成を予定している。

h1.gif

【代 源太朗】


*記事へのご意見はこちら