ネットアイビーニュース

2016年10月14日
玉来ダム本体建設、落札候補者に大成建設・菅組・友岡組JV

 

 10月12日、大分県河川課発注の「玉来ダム本体建設」工事の入札(総合評価方式)がおこなわれ、落札候補者として大成建設・菅組・友岡組JVが選定された。入札額が86億8,600万円(予定価格106億9,380万円)で、低入札価格調査基準を下回ったため、現状同JVは落札「候補」者となる。現在、低入札価格調査委員が調査を進めている。同建設工事には、ほかに鹿島・梅林・安東JVや、安藤ハザマ・センコー・後藤建設JVなどが応札していた。

 なお、玉来ダム本体の概要は、重力式コンクリートダム(流水型ダム)で、ダム高52mが予定されている。

【代 源太朗】


*記事へのご意見はこちら