ネットアイビーニュース

2016年11月 4日
電発・月島・三笠JV、96億で「御笠川浄化センター事業」落札

 

 10月31日、福岡県建築都市部下水道課は「御笠川那珂川流域下水道御笠川浄化センター下水汚泥固形燃料化事業」の開札を行った。その結果、同事業を電発・月島・三笠JVが96億2,400万円で落札した。

 同事業は、御笠川浄化センター(所在地:福岡市博多区那珂)で発生する汚泥を利用し、下水汚泥固形燃料を製造する目的で実施されるもの。これにともない、製造用施設の設計・施工及び施設完成後の維持管理・運営業者の選定が行われていた。
なお、今後のスケジュールは設計・施工期間が2019年3月31日までで、維持管理・運営期間が39年3月31日までとなっている。

【代 源太朗】


*記事へのご意見はこちら