ネットアイビーニュース

2016年11月 2日
ホークスタウン跡に分譲タワーマンション

 

 現在、三菱地所(株)(本店:東京都千代田区大手町、杉山博孝代表執行役社長)が解体工事を手がけているホークスタウン。跡地には延面積約13万m2の大規模商業施設が建設される予定となっていたが、これに加えて、分譲タワーマンションが2棟、建設される予定であることが明らかとなった。

 同分譲マンションの概要は、RC造地上28階建て(地下1階、塔屋2階)が2棟で、延床面積約72,300m2(2棟合計)の全578戸。設計監理を(株)三菱地所設計が手がける。施工者は未定となっている。今後のスケジュールは、商業施設を開業させた後、I棟が2017年度下期着工、19年度下期竣工予定。Ⅱ棟が18年度下期着工、20年度下期竣工予定となっている。

markis.jpg

【代 源太朗】


*記事へのご意見はこちら