ネットアイビーニュース

2017年1月11日
中洲のコインパーキング跡地にWBFホテル誕生?

 

yoteiti_s.jpg サウナ&カプセルホテル「グリーンランド中洲店(福岡市博多区中洲3丁目)」隣のコインパーキングでホテル開発が計画されている。立体駐車場の「キスケパーキング(105台収容)」が解体され、2016年9月頃から整備工事がスタート。現在のコインパーキングになったが、ホテルとして再整備される。

 計画されているのは「(仮称)中洲ホテルプロジェクト」。RC造地上13階建てで、延面積2,997.24m2の全134室。建築主は(株)シンセイ・プラスワン(本社:福岡市博多区、兒嶋伸二代表)。設計者は(株)サンユニオン(本社:福岡市中央区、四ヶ所秀憲代表)で、17年4月頃着工予定となっている。
ホテル運営業者は大阪を拠点に活動する(株)ホワイト・ベアーファミリー(本社:大阪市北区、近藤康生代表)が予定されている。同社は旅行業を主に事業を展開しており、ホテル運営事業はグループ会社のWBFリゾート(株)(本社:北海道札幌市、同代表)が手がけている。

 WBFリゾートは「ホテルWBF」などを北海道、大阪、福岡、沖縄エリアで運営しており、予定通りいけば、九州でのホテル運営は福岡市中央区春吉3丁目、パチンコホール玉屋本店側で今年3月オープン予定の「ホテルWBF福岡天神南(全117室)」に次いで2棟目となる。同社・福岡事務所は今後の九州・福岡でのホテル計画について「まだお伝えできるような話はありません」としている。

【代 源太朗】


*記事へのご意見はこちら