ネットアイビーニュース

2017年2月 3日
星野リゾート、湯布院進出。大分で存在感増す

 

 温泉旅館やホテル運営を手がける(株)星野リゾート(本社:長野県北佐久郡、星野佳路代表)が、大分県由布市湯布院町への旅館進出を計画していることが明らかとなった。湯布院町川上の並柳エリアで建設予定となっている。
 同社はすでに大分で温泉旅館「界 阿蘇」の運営を手がけている。また、別府温泉の老舗ホテル「花菱ホテル」を買収する方向で現在調整中だ。大分における星野リゾートの存在感は間違いなく高まるものとみられる。

 旅館建設は老健施設の運営などを手がける(株)アビタシオン(福岡本部:福岡市博多区、東京本部:東京都港区、豊澤賢士代表)が行い、運営を星野リゾートが行う。
 アビタシオンと星野リゾートは今回が初タッグ。「経緯については分かりかねます」(アビタシオン担当者)とのことだったが、共に相当の知名度を誇る有名企業だけに、動向が注目される。

【代 源太朗】


*記事へのご意見はこちら