ネットアイビーニュース

2017年3月17日
三井不動産、福岡初となるホテル開業へ

 

yoteiti2.jpg 三井不動産(株)(本社:東京都中央区、菰田正信代表)は、福岡市博多区博多駅前2丁目の「三井生命ビル」跡地にホテルを開業する計画であることが分かった。
 建築物の概要は地上13階(地下1階)建て、延床面積10,830m2の全302室。17年5月頃に着工し、19年春頃のオープンを予定する。なお、土地は引き続き三井生命が所有し、同社から土地を借り受けるかたちで三井不動産がホテル運営を手がける。

 三井不動産が福岡でホテルを手がけるのは今回が初。福岡ホテル市場への初進出について同社は「政治、ビジネス、レジャーと、さまざまな分野で高い集客力を持つ福岡の市場に魅力を感じました。また、ホテル計画予定地は駅から近いだけでなく、博多、天神という人気の商業エリアまで徒歩圏内と好アクセスです。こうした理由から、国内外から幅広い層を迎え入れられると判断し、今回のホテル進出を決定しました」と話している。

【代 源太朗】


*記事へのご意見はこちら